このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットを使って探す

少し古い情報ですが、2008年にとある不動産ポータルサイトが行った調査によると、住まいを探すにあたってどのような方法を使ったかの問いに対し、63.1%もの人がパソコンの賃貸情報サイトを使ったと答えています。
次に多かったのが、不動産屋の店頭に表示されている情報で、52.0%でした。
10ポイント以上も多いので、圧倒的な人が賃貸情報を探すにあたって、賃貸情報サイトを活用していることがわかります。
最近では賃貸情報サイトも多様な使い方がなされるようになりました。
たとえば、携帯電話やスマホを使っても賃貸情報が収集できるようになりました。
同じく2008年のデータでも、携帯電話の賃貸情報サイトを使って賃貸情報を収集した人が43.0%となっていて、まずまずの結果です。
加えて2008年の時点ではスマホはまだそれほど普及していませんでしたが、いまではスマホのユーザーは飛躍的に数が増え、2008年時点よりもスマホ対応しているサイトも増えています。
そのようにして考えてみると、今調査をすれば、携帯電話もしくはスマートフォンの賃貸情報サイトの割合はもっと増えるかもしれません。
このように現在賃貸情報を収集するにあたって、インターネットを利用している人は実に多いわけです。
今では一家に1台パソコンがあるのは当たり前で、自宅にインターネット環境が整備されている人も多いはずです。
そうであれば、自宅で賃貸情報収集するときにネットを有効活用していきましょう。
賃貸情報サイトの魅力は何といっても、その情報のリアルタイム性にあるといっていいでしょう。
賃貸情報誌のような紙媒体の場合、印刷をして製本し、小売店で販売されるようになるためにはどうやっても数日のタイムラグが生じてしまいます。
しかしインターネットの場合、即時その情報はネットにアップすることで反映されます。
もちろんホームページを運営している不動産会社や管理会社がきちんとメンテナンスをしていればの条件がありますが、新しい情報を常に集められるわけです。
Copyright (C)2014超カンタン引越し術☆賃貸情報を検索しよう.All rights reserved.